再び WARE HOUSE さんへ。。。

迷いに迷い、決まらずにいた照明器具。
今日も午前中から、再び茨城県阿見町にある WARE HOUSE さんへ
照明器具を探しに出かけました。

日本最大級と謳っている1500坪の売り場スペースに、アンティーク
資材、パーツ、家具、照明器具等々が所狭しと並べられています。
お宝の山って感じです。

現地に着くや少し小腹が空いて来たので、お店入り口付近に止まって
いる移動ホットドック屋さんでチリドッグを、移動カフェ屋さんで
カプチーノを購入。

2台とも軽の1Box Car の中で調理が出来る様に改造し、実店舗
さながらの美味しさでした。アリガトウ!!


お腹も落ち着き、早速ペンダントライト売場へ直行です。
この WARE HOUSE さん、移転のため来春1月上旬までセールを
やっています。前回、照明を探しに来た時よりだいぶ品数が減って
いる様な気がします。

セール品は全てが対象みたいで、20%〜70%引きで販売されて
います。お値打ち品がたくさんある事には間違いないので、早く
行かれた方が良いかも。


とにかく色々な種類の照明器具、さんざん迷った挙句に決められず、
約6時間も同じ売り場をうろつきました。あ〜疲れた。

決められないから、余計疲れるばかり、、、トホホ。。。

戻れるなら、、、

師走の3連休。。。

巷ではクリスマス寒波が押し寄せ、山はホワイトクリスマスかも。
初日、本来なら建築現場のお手伝いの日だけど、急遽キャンセル。

家の顔、お店の顔なる輸入ドアーが本日運送される予定だったけど、
明日に変更。なので、、、今日はお休み。

・・・・・

居間でゴロゴロしていると、鏡に映る置時計の秒針が、逆に時を
刻んでいるかの様に見える。

出来るものなら映る秒針の様に、自分も過去へ戻ってみたい気がする。
あの時こうすれば良かった、ああすれば良かったと後悔や失敗、行動
する勇気を持てば良かった・・・ 今となって、改めて人生のやり直し
が利けば。なんて、、、


仮に、神様が過去の3つの後悔をリセットするチャンスをくれたら??


あり得ない事だけど、考えてみようかな?


年内に家が完成し、来春に庭の造作と駐車場の整備をするなど色々
考え、お店のメニューをどう決めるか、営業日はどうするか、人は
雇うのか、毎日毎日追われている自分から少しばかり現実逃避モード
に入ったり。

頭の中が一杯一杯になった時、それを逆手に取り楽しいと感じられる
自分も現在いる。

背と腹が同居する私、やはり開店前の不安と期待の表れでもある。
もっと自分を信じれば、感じないはず。

戻れるなら、、、

エスプレッソ●○

エスプレッソベースのメニューに関しては、エスプレッソマシン
を使って抽出し、そのエスプレッソを基本にミルクと合せます。

マシンは9気圧の圧力を掛けて抽出、ミルクフォームもマシンで
泡立てられます。カプチーノ、カフェ・ラテ、マッキャート等は、
1台のエスプレッソマシンで作る事が出来ます。


しかし、我が Caffe macchinetta では名前の由来通り、Moka 
express で抽出します。そして、ミルクフォームは別の器具を
使って泡立てます。

マキネッタ?

イタリアのごく普通の家庭で使用されている「マキネッタ」。
気軽にエスプレッソを楽しむ事が出来ますが、マシンで抽出した
エスプレッソに比べ、クレマ(泡)が立ちません。

残念ですが。。。

けど、淹れ方によっては、非常に飲みやすいエスプレッソを抽出
する事が出来ます。

後はお気に入りのデミタスカップを選んで、淹れてみましょう。

デミタスカップ

今回は、シンプルなデミタスカップを選び、エスプレッソを気軽に
楽しんでみます。


ズッケロ(砂糖)を入れて飲む事をお勧めします。

合羽橋道具街へ、、、

久しぶりに合羽橋道具街へ。
お目当ては・・・

まず1件目、コーヒー豆を購入。前回はイタリアンローストを試した
ので 、今回はフレンチローストを。
基本的には、酸味より苦みが嗜好に合うのでこのタイプの豆を選んで
います。

お店に入るや、焙煎の香りがする。
生豆が樽に入り、名前と産地が記載されている。ローストされた豆は、
縦長のガラスケースに入れられ、豆の特徴が書かれたプライスカード
により、選びやすくなっている。

2件目でイタリア製マキネッタを2台購入。
1台は、エスプレッソ2杯用。2台目は、エスプレッソ6杯用。

現在は4杯用のマキネッタを使用しているので、使い勝手は解るけど、
2杯用と6杯用は始めてなので、今から練習します。

製氷機と冷凍ストッカーを購入する予定なので、最後に寄ったお店では
打合せがメインとなります。

厨房も使えるスペースに限りがあるので、冷凍ストッカーもあまり大きな
物は置く事が出来ません。所狭しと、厨房器具が並ぶ事でしょう。

合羽橋道具街へ行くと、ついついあれこれ欲しくなってしまう。
小物から厨房器具まで、消費する気持ちが大きくなる道具街。

そんな活気あふれる合羽橋が、大好きです。




ありがとう、業者さん。。。

ながいき工房さんに、プライベートスペースのドアーを作って
頂きました。取り付ける場所が勾配天井に掛かるため、既成の
ドアーだと使えません。

もちろん、材料は拘りのレッドシダーをふんだんに使っての
オリジナルドアーです。

2Fドアー

節目もたくさんあり、何とも言えない風合いを出しています。
そして、階段下の収納 Box も同じ素材で扉を作って頂きました。


家づくりも終盤を迎え、完成までのカウントダウンが始まりました。
巷ではクリスマスのカウントダウンも始まり、ほぼ同時のスタート
です。

どちらが早くゴールを迎えるでしょうか?

・・・・・

電気屋さん

電気屋さんが配電盤の工事、コンセントや照明のスイッチなどを
取り付ける工事をして下さいました。

水道屋さん

水道屋さんも、電気屋さんに負けじと作業に取り組んでくれました。

お店とプライベートのトイレ、厨房のシンクの給・排水、お風呂場
など細かな作業です。家の床下へ潜り込み、狭いところでの配管作業、
大変お疲れ様でした。

・・・・・

皆さんの協力なしでは成り立たない家づくり。
カフェも同じ事で、人と人との繋がりが無くしてはあり得ないカフェ
づくり。

椅子を運んで下さった運送屋さん、材料を運んで下さった業者の方、
レコールバンタンで講師として活躍されている私が尊敬する先生、
本当に心から感謝しています。

有難うございます。

□■ ガラスの美 ●○

先日伺った & made glass ガラス展。
透き通る美しさ、ガラスの壁にところどころ厚みを加え、光を屈折
させて放つ光。

光を1か所に集めて、放つ光。

とにかく光とガラスが織りなす独自の世界に魅了され、作り手の
愛してやまない感覚が形となって現れる。

花器

一輪ざしの花器、小さいが、ずっしり重い。
光が厚みのある底に集まり、綺麗に輝いている。

カブトムシ

小さな花器ですが、やはり、ずっしりと構えている。
シュトーレンの包装に付いていたガラス玉。こちらも、おなじく
& made glass さんの作品。

枝に付けたガラス玉、挿してみるとカブトムシを連想する。
何ともユニーク・・・



何となくの予感、、、

これから、& made glass さんとのお付き合いが始まりそう。
彼らが愛してやまないガラス、その作り手の作品に感銘した
我ら。

Caffe macchinetta でも、美しい光の作品を、生かせる部分で
広げて行きたい。



ひとり言・・・

naya さんが作ったシュトーレン、頂きました。

練りこまれているレーズンとマロングラッセが絶妙!!
レーズンの酸味と栗の甘味が重なり、とっても美味しい (^_-)-☆

周りに付いている砂糖も、とっても上品な甘さ。

一年に一度しか頂けないシュトーレン、予約が殺到するわけだ。。。

・・・・・

と、感心しながら、いざ naya さんへ、、、

今日は、& made glass さんのガラス展を見学に。
あるある、部屋の中にきらきら、ガラスを通して見た光、とっても
和ませてくれる。丸く薄いガラス玉を空中に浮かせ、いくつも浮かせ、
丸い光の世界を垣間見る。

とっても優しい光。。。

変わらぬ風景をガラス玉から覗いてみると、世界が丸みをおびて、
角が無い優しい世界に。

その他、花器やオブジェ、ボール、ペンダントライトなど、見だくさん。
前半の週は終了したので、後半は12月22日(木)〜25日(日)
まで & made glass さんの展示やってます。

展示会場は、naya 78 さんです。

・・・・・

ガラス展へ行く前に、長柄の現場に寄って来ました。

エントランスポーチの作業に入る事は知っていましたが、ここまで
出来ているとは知らず、思わずニッコリ !

ポーチ

画像からだと解りにくいのですが、かなりたっぷりサイズのエントランス
ポーチです。

エントランス

お店の入り口は一段高く、高低差がアクセントとして活きます。



庭先を雑木林の様にして、店内からも、デッキからも、丸いガラス玉
を通して光の世界を見たい。

角が無い、丸く優しい世界。


うまくいかないなぁ〜??

以前、通っていたレコール・バンタンで教えて頂いたプリン。

自宅で作っている時、最初の頃はキャラメルプリンと名が付く
様に柔らかく、甘いプリンが出来ていたけど、近頃作るプリン
は少し固めでキャラメルプリンとは程遠い感じがする。

何となく、少し違うプリン・・・

火の入れ方に、もうひと工夫ないと美味しくならない。
いくら名のある高額な卵と、拘りの砂糖を使っても、火の入れ方
次第でそれらが台無しになってしまう。

・・・

昨日は久しぶりに煮込みハンバーグを作ってみたけど、変わらぬ
レシピで作ったつもりが、出来上がったデミの酸味が強すぎる。

いつもと変わらぬ赤ワイン、使用量もいつもと変わらない。
しかし、デミの酸味が強すぎる。自家製のトマトソースと合せる
デミグラスソース、その辺りの変更したレシピによる結果なのか??

次回は、もう少し赤ワインの使用量を減らそう!?

・・・

家の完成が間近になり、Caffe macchinetta の方向性を再確認
する。コンセプト通りにお店が出来ているか、メニューはこうなる
ああなる、コーヒーはこれとこれ、紅茶はこれ&これなど。

寝ている時、考えが余計に頭の中をよぎる。
ああ〜 眠れない (-_-;)

準備が始まった頃から、とんとん拍子に決まりすぎ、自分でも
驚き !!!!!(@_@)!!!!!

少し時間を止めてくれ〜

ハード面ばかりが先行し、ソフトが立ち遅れ気味・・・
そんな気がする、うまくいかないなぁ〜

続きは見てのお楽しみ。。。

我が家にプロパンガスが設置されました。

プロパンガス

東京育ちの私にとって、始めてのLPGです。

東京ガスより火力が強いと噂を聞き、具材を焦がさない様に
気を付けなくちゃ・・・ 

○●

厨房も完成しつつあります。

厨房

近日、水道工事が行われます。

シンクに排水口を付け、製氷機の設置に伴い給水・排水口の工事を
します。衛生面からの義務化で、小さな手洗い場も製氷機近くに取り
付けます。

最後にL字型の食器棚を設置し、お店から見せる厨房を完成させます。

○●

お店の入り口から見た店内。

入口から見たカフェ

床には作業による損傷が出ない様、段ボールで養生しています。

この床も、薄めの古代色を塗ります。統一感を演出するため、窓枠、
ドアーも同じ薄めの古代色にします。

店内には、特注品としてながいき工房さんにレッドシダーでテーブル
を作って頂きます。ただいまテーブルのサイズを企画中。

○●

洗面所には、ドンブリの様な手洗いが付きます。

洗面所

手洗いの上には鏡を取り付け、照明もナチュラル感を壊さないシンプルな
器具を選びます。ご覧の通り、台もレッドシダーを使って作って頂きました。

○●

来年の1月14日(日)〜16日(月)の3日間、Caffe macchinettaで
完成を記念して、ながいき工房さんが手掛けたカフェ関係による合同催事を
行います。

詳細は、後日お知らせいたします。

続きは見てのお楽しみ (●^o^●)です!



自分にとって、、、

ながいき工房さんと、この長柄の土地を見に来てから、早1年が
過ぎようとしています。

始め見た感想はと言うと、広すぎて私の手には負えないと。
それが第一印象でしたが、今となってはもっと土地が欲しいかな?
欲が出てきて困る。 

草がボウボウと生え、足を踏み入れるのも少し気持ちが悪く感じた
この土地。一番に出迎えてくれたのが、雄の雉でした。
人の気配を感じ、草むらからいきなり飛び立って行き、私達も驚き!

色々な種類の雑草が生い茂り、見事なものでした。
そして工事が始まってからと言うもの、雑草が減ってしまい、人の
手が入ると環境も変わってしまうのでしょうか。

工事も終盤を迎え、祭りの後の寂しさを感じつつ作業のお手伝いを
していますが、反面、工事が終わらない事を祈りつつ・・・


ここは、自分にとって店を作る事が目的ではなく、スタート地点に
やっと辿り着いた自分がいる場所。
これからも、自分にとって方向性を見失わない様、道しるべを
この土地に刻みたい。


PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM