マキネッタ

 今日、久しぶりに合羽橋道具街へ
行ってきました●

お目当ては ”マキネッタ” です●
やっとの思いで購入 (^_^)v
決めてから、4ヵ月も掛かりました●

以前「レコール・バンタン」でカフェ開業の
勉強をしていた時、春先スクール生と共に
合羽橋フィールドツァーなる企画に参加●
その時に見つけた店で、道具街のほぼ真ん中
あたりの道筋にあります●

ついでに、マキネッタを火にかける時に
使うゴトクも購入●
これが無いと取っ手が熱で溶けてしまう
恐れがあるかも!? すぐれ物なのです●

エスプレッソは英語に翻訳するとエキスプレス●
マシンは9気圧の圧力をかけて抽出、バリスタが
淹れたエスプレッソにはクレマ(泡)がたっています●
小さなデミタスカップへズッケロ(砂糖)を2〜3杯
入れ、飲み終えた後はカップの底に残ったズッケロを
スプーンで食べます●

これぞイタリア式楽しみ方!

エスプレッソ・マシンと違い、マキネッタは家庭用の
抽出器です●
クレマをたたせる事は少々難しいとしても、気軽に
美味しくエスプレッソが楽しめます●

今日からマキネッタで、ビバ イターリア (^o^)/

床根太(ゆかねだ)

床根太 
2×4 建築では、床材合板厚さ12mm を受けるために、部材
(根太)をピッチ303mm 毎に設ける床組を行います●

先日、躯体工事用の材料が搬入され、さっそく床根太作業を始めました●
午前中は、基礎に合せた梁の上へ部材を置き、決まった位置に合せます●
繰り返し部材を置き、根太が並びだんだんと形になって来ました●

手で釘を打ったり、機械で釘を打ったり、用途に合わせて釘も
何種類か用意されていました●

これだけでも、私にとっては大変な作業です●
今週もあと1回お手伝いに行きますが、今月中には壁が周りに建ち、
家の姿が見えてくる予定でいます●

まだ始まったばかり、無理せずゆっくりお手伝いするつもりです●

思うこと 木々

 敷地の中に1本、ウルシの木があります●

お隣さんから、秋になると紅葉してとても
綺麗だとおっしゃっていたのを思い出し、
少し違うな・・・?

よくよく調べてみると、ウルシの仲間
である「はぜのき」であると判明●
「はぜのき」は、櫨紅葉と呼び季語に
使われたそうです●

ウルシの木は、秋口から初冬にかけて
あまりきれいな木とはならず、葉が落ち
ます●

どちらにしても、ウルシほど強くはないが
弱い人は被れます●

「はぜのき」の果実からは、和蝋燭の
原料である木蝋が取れ、他にも軟膏の基剤、
ポマード、石鹸などの原料に使われます●

その「はぜのき」から、新しい芽がでました●
大きく育ってほしいものです (^_^)v


hotaru cafe

 6月、千葉県いすみ市山田地区でのホタル
祭り、たくさんの人が足を運んだそうです●

私達も、雨上がりの日曜日に見てきました●
ゆらりユラリ、空中散歩しているたくさんの
ホタルを見て大感激●
また来年も是非見に行きたいです (^o^)/!!

その山田地区にある ”hotaru cafe” さんが、
いよいよ8月にオープンするらしいのです●

住まいは去年12月末に完成し、お店の内装
はカフェを運営する方々が
手作り感を出すために
日夜頑張って施工されています●
大変素晴らしいお店になりそうですネ●

一日も早くオープンする事を待ち望んでいます●


フレーミング

 約3週間の作業で終了した基礎工事●
今は出来上がった基礎の養生期間です●

躯体工事用の材料が無事長柄へ搬入
されました●
2×4 建築に関して、材料の企画が
センチ
サイズ(日本)とインチサイズ(北米)が有り、
我が家はインチサイズで家を建てます●

ECOに関する話ですが、インチサイズで家を
建てる方が材料の無駄が出にくそうです●
破材が出た場合、壁と壁の間に入れれば
防音効果や強度が増すそうです●

これからは、毎日々、形が変わっていく姿を
見ながら、caffe macchinetta の”日々”を
考えたいと思います●

ますますお手伝いが楽しみです●


基礎工事完成

 
本日を持って、基礎工事の完成です●

7月初旬から開始して、約3週間の間に
色々経験させて頂き、感謝の気持ちで
いっぱいです●

測量から始まり、丁張、砂利引き、鉄筋
組等々、出来る範囲でのお手伝いでした●

普段、気にもしなかった基礎工事が眼に
入ると、作業方法が気になります●
少しばかりのお手伝いなので、真髄は
解りませんが、「あっ、これやったな!」
と思うこともしばしば・・・

明日以降ですが、躯体の材料が長柄へ
搬入されます●
これからが家づくりの本番を迎えようと
しています●

おやつ

 
工事が開始され、一つ一つの積み重ねで
ここまで来ました●

防湿シートが貼ってある床一面に、
50ヵ所ほど竹杭を打ち込みました●
竹杭の高さに合わせて、コンクリート
を流すための準備です●

平地では36℃と猛暑にも関わらず、ここ
長柄町は山あいに位置するためか、気温が
4℃も低く、湿度も低いため木陰に入ると
大変涼しいです●

作業の合間の休息時、基礎工事屋さんの庭で
採れた自家製トマトとキュウリを皆でいただき、
身体にたまった熱を冷まします●
やはり完熟露地野菜は、鮮度は勿論のこと
味が濃くて甘いです●

お茶菓子代わりに自家製野菜、これぞ究極
の”おやつ”です●


防湿シート掛けと鉄筋

前日砂利を引き、重機で平に均した上へ、
今日は防湿シートを掛けます●

その後、基礎工事の基礎たる鉄筋を組み
針金で縛る作業が待っています●

鉄筋を防湿シートの上に縦横張り巡らせ、
交わっている箇所を全て針金で縛り固定さ
せます●

鉄筋も、機械を使って人の手で曲げて行きます●
曲げとカットが出来るこの機械は、非常に単純
な原理、テコの力を利用して作業します●

腰を屈めたり曲げたりで、素人には大変
キツイ仕事でしたが、家を作る楽しさや
大変さが、これからもたくさん出てくる事
でしょう●

砂利ひき

 先日は丁張をしましたが、今日は囲いの
中に貼られた家のスケールに合わせて、
砂利ひきのお手伝いをする予定です●

家のスケールを囲むように溝を掘ります●
小型ダンプが幾度も砂利を運び、所定の
場所へ降ろし重機とスコップ(人力)で平
に均します●

スコップも重いし、更に砂利を取ったり
削ったり、大変重労働です (・_・;)

丁張で算出した高さに糸を貼り、引いた
砂利と糸との間隔が均一になるように
スコップで調整します●

調整が終わると、次は重機を使って
圧力をかけ地面を固く締めます●
そして、また砂利と糸との間隔が均一
になるようスケールで測ります●

もちろん規定の高さが丁張で決められて
いるので、その範囲に合せての作業
になります●

本日の作業はここまでとなりましたが、
汗だくの一日でした●
お手伝いが終わり、車の中で色々カフェ
の構想をボケボケっと考えながら、軽い
疲労感に浸ることが楽しみの一つに
加わりました●

基礎工事開始 丁張

 今日は、丁張と言う作業のお手伝いをして来ました●
土木用語らしく、始めて耳にした言葉です●

丁張とは、等間隔に並んだ木杭とそれに平行もしくは
斜めに打ちつけられた板で構成され、家を建てる位置を
囲むように作ります●

まるで小さな牧場の様です (・_・;)

始めての経験なので、何からお手伝いして良いのやら、
指示されるままに一日が終わりました●

まず手始めに、土地の境界線に打ってある杭を始点とし、
家の立つ位置を決めロープを張ります●
決まってからは、それを囲むように杭を等間隔で打ち、
高さを決めてから板を打ちつけます●

この板が後に重要となり、基礎工事の図面を見ながら
巻き尺を使って長さを決め、糸を張り巡らせ板に
マーキングをしていきます●

基礎工事のコンクリートを流し込む器を作るための
大切な作業です●

今日は大まかな位置決めで作業が終わりましたが、
明日はどの様なお手伝いが待っているのでしょうか?
今から楽しみです●



PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM