午後から試作です。。。

これからは様気も良くなり、少し涼しげなデザートを、と思い、
レアチーズをグラスに、そして色合いからオレンジ・ジュレを
掛けてみたところ・・・

レアチーズケーキ

オレンジ・ジュレを作る時、100%オレンジジュースで
作るのは面白くないなぁと。
だから、オレンジを搾って作ってみよう。
すこし酸味が強いジュレになってしまったけど、果肉も
残り美味しいジュレが出来上がりました。

試作にはカット・フルーツを使っていないから、
次は入れてみようか。

色合い的には、キウィーフルーツ? メロン?
いや、オレンジを入れて、ジュレをもっとフルーティーに
した方がいいか?

どちらにしても、両方試してみよう。

あ、そうそう! レアチーズの事、書き忘れたけど・・・

オレンジ・ジュレと合い、美味しく頂きました。


♪ 付いちゃいました区画扉が、、、

ぐずついた一日、天気予報が良く当たるなぁ。
春の日差しが無いぶん、すこし逆戻りだよ、冬に。

ながいき工房さんが、来てくれました。

天気予報通りの空模様、今日は建築現場をお休みして
区画扉を付けに caffe macchinetta まで足を運んで
くれました。

ウエスタンドアー1

厨房と客席を区切るための扉。
保健所が定めた項目の一つで、17日の立ち入り検査前に
付けて頂く事に。

すこしづつ進歩して行く、亀さんの様に。
「急がば回れ」って感じで、やっとお店らしくなってきたなぁ。

あとは塗装するかしないか、後ろの扉を塗る時に考えようと
思う。窓枠とドアーは、全て塗装作業が終了しているかと
思っていたら、いやまだ有りました。

久しぶりの作業だな。

ウエスタンドアー2

表側から見たウエスタンドアー。
開け閉めが楽しい。金具が開け閉めの時に、キーコキーコと
可愛らしい音を出す。調子に乗って、何回もやっちゃった。

入口の右左に扉を付けて2枚にしたら、テンガロンハットを
かぶり、拳銃を腰にぶら下げ、馬にまたがり、酒場へ
行かなくっちゃ。

出入りが楽しくなるウエスタンドアー。
お店でテンパッている時、心の遊び道具になるかも・・・


今日は ”まぐれ” かな??

ペペロンチーノ、簡単に作れそうだけど、かなり難しいパスタ。
何回も、何回も、練習した割に成功率が低いパスタ。
乳化させるのが、そのタイミングを逃してしまうと、さすがに
難しい。 

茹で汁、にんにく、鷹の爪、塩、オリーブオイルで作る、
たったこれだけの素材でソースを作るペペロンチーノ。
乳化による ”とろみ” をパスタに絡める、シンプルなだけに
難しいが、パスタの基本中の基本だと思う。


午前中に、保健所へ。
2点ほど不備があった飲食営業許可申請の書類を、さっそく
提出して来ました。店舗への立ち入り検査日も、その時
確認したところ、昨日お願いした4月17日火曜日と変更は
有りませんでした。

よって、17日に検査が合格した場合、いよいよブログに
開店日をお知らせします。
あとは、駐車場の整備と庭の造作だけとなりました。


帰宅後、久しぶりにペペロンチーノを作ってみた。
成功する確率が低いパスタだけど、今日は ”まぐれあたり”
しちゃったかも。

この調子で、立ち入り検査も ”まぐれあたり” して欲しい、
なんて、、、


桜、桜、桜・・・

長柄ダム

気持ちが良い程の天気に恵まれた月曜日、長柄ダム周辺には
たくさんのお花見客が詰めかけていました。
こちらはまだ7分咲きくらいなので、まだまだお花見が
楽しめそうです。 

今日は、飲食営業許可申請の手続きに行って来ました。
書類の不備が2点ほどあったので明日出直しですが、店舗への
立ち入り検査は、17日火曜日あたりになりそうです。

いよいよです。

今までお店の準備に掛かって来たけど、その集大成へ合格の
二文字を頂ければ、やっと開店のスタートラインが見えて来ます。
地道にやって来た作業なればこそ、時間もかかりました。

これからも、時間を掛けてやらなくてはならない事が有るから、
なおさら開店に関してのプレッシャーを感じます。
けど裏腹に、出来る事ならはやく未知への領域に入って行きたいし、
経験もしたい。

桜咲くを念頭に、プレッシャーを楽しみたい。

ルバーブ7

友人から頂いたルバーブ、かなり成長しました。
物事、何でもかんでも順調に進んでくれたらなぁ〜
なんて・・・


我が家の桜。

さくら5

我が家の桜。
きっと、各地ではお花見が盛んに行われるかも。
我が家のお花見は、テーブルの上で。 

午前中、庭の造作に必要な木樹を買いに。
どの様な木を選ぶかはもう決めていたけど、
近日中に植木屋さんが庭を見に来る。

いつもお世話になっている nagaiki-工房さん。
ほんとに、彼は忙しい身だね。
現場を抱えながら合間の日曜日、新しいお客様
と土地を見たり、家を見たり、と。

caffe macchinetta の存在に欠かせないのが、
やはり、nagaiki-工房さん。
彼とは、客と業者の関係を通り越し、お店にとって
私にとって、彼の協力なしでは今後もありえない。

1月14日〜16日の3日間、nagaiki-工房さん
主催の「こんにちはの会」を開催、かなりの反響
があり、この3日間で手応えをつかむ。

caffe macchinetta にとって、発進のとっかかりを
作って下さった nagaiki-工房さん、お互い今後の
発展を期待したい。


夕方、nagaiki-工房さんが、その新しいお客様と
一緒に我が家へ。
都会で生活圏を持ち、将来は緑豊かな地へ移住したい
そうです。

テーブル上の桜を囲み、皆で夢を語り合いました。
きっと、来年も我が家でお花見を。


● ホームページ更新です。

僕にとって、大変意味が大きい naya さん。

naya さんのホームページを見るたびに、作り手のテイストが
僕の肌に良く合う。まだカフェをやろうと思う以前から。
naya さんが作るパンも、なぜか独特な味わいを持つ。
彼らの感性から生み出された、食にたいする感覚が、カフェに
対する感覚が、素晴らしく思える。

最初は地方でカフェを開く事すら、僕にとっては摩訶不思議に
思えたが、今となっては僕も同じアプローチを試みている。
正直 naya さんは、僕にとって魁に値する。

naya さん以外にも、地方にはたくさんのカフェが存在する。
いつからか地方のカフェに興味を持った頃、「なぜここで?」
と言う疑問を持ちながらカフェ巡りを楽しんだ。
その疑問がいつの間にか消えて無くなり、僕もあとを追いかけて
いる。

現代社会において、インターネットと言う情報の場をきちんと
整備して発信すれば、かえって隠れ家的カフェも出来るし、
探し求めて行くカフェも良いもんだと思う。

いつか自分もホームページを持つとすれば、商品を売るための
ホームページではなく、イメージを高めるためのホームページ
を持ちたいと思い、naya さんにお願いし作って頂いた。

1つ目は、壁紙が黒で大人チックなホームページ、更新した
今回のホームページは完全にリニューアルだな、と。
山之郷の豊かな自然を表現し、caffe macchinetta のイメージに
ぴったりの出来上がりだと感謝している。

そのホームページに後押しされて、もうじきお店の開店せまる。

鯉のぼり。。。

うわぁ〜! こんなに鯉のぼりが、、、
ここは市原市瀬又、聞くところによると毎年この時期に村田川へ
大小様々な鯉のぼりを泳がせるそうです。

瀬又鯉のぼり

小さな鯉のぼりから、川面に着きそうな大きな鯉のぼりまで、
実にお見事!!
画像からだと解りにくいかもしれませんが、村田川に沿って
川をまたぐ様にたくさんの鯉のぼりが泳いでいます。

子供たちには、健康ですこやかに育って欲しいと、私も祈って
います。


ニュースで、東京の桜の名所の一つ、目黒川沿いの桜について
報道していた。
その近くに私が通っていた食の専門校、レコール・バンタンがあり、
当時勉強していた頃を思い出す。

あの頃は必至だったなぁ。
やる事なす事、すべてが半信半疑だったけれど、今はその経験が
少しばかり形になって来た。

まだまだ経験が浅いから、これだ!って言える自信作は無いけど、
真面目に一生懸命作った料理、真心を添えた事だけは自信がある。
腕を磨くと言う事は、お客様の笑顔が多ければ多いほど上がった
と言う事なのでしょうね、きっと。

僕にはまだまだやらなくてはならない事がたくさん有るけど、
すべてやり切ってから開店する事は至難の業だと思う。
少しづつ時間を掛けて成長する caffe macchinetta でありたい。

それは、親が子に思う鯉のぼりと同じかもしれない。

日々より。

友人より頂いた、ルバーブ。

ここんところ、風の強い日が続く。
いい加減にしてくれと言いたいけど、季節の変わり目
だから仕方が無いかも、ね。

庭先に植えたルバーブも、元気に成長している。
葉も最初の頃よりかなり大きくなり、3枚目の葉も
しわしわだった頃と比べると、倍は大きくなったかも
しれない。
もちろん、茎も伸びているよ。

風に煽られながら、じっと耐えている。
今に見ていろっ!って感じ。

●●●●●

来週初め、いよいよ理科の実験から家庭課に進む。

発酵エキスに小麦粉を混ぜて発酵種を作る予定。
始めての経験なので、心臓ドキドキ・・・小心者ナノダ。。。
作り方の手順を良く理解して、粉まみれになりながら
頑張るのだ。

ベテランは5日で完成、しかし僕はと言うと???
夢のパン作りは、つづく。。。

●●●●●

山之郷に家を建てる時、敷地内にある先住者の山桑の木を
移植した。
空を見上げ、枝先をよ〜く見ると新緑を司る新芽?らしき
物が成長している。

実は、移植の際に根も少し切ってしまったので、枯れてしまう
恐れがあったけど、根付いたんだね、きっと。
嬉しいです、とっても。

ルバーブも大きくなれ!
発酵種も出来る!
山桑の木も、もっと育て!


心のチャンピオン。。。

私がテニスをやり始めたきっかけは、ひょんな事から・・・
もう二十数年たちましたが、その間、大好きな選手が
二人いました。

とっても憧れた選手達で、nike がとっても良く似合う
キャラクターの持ち主達と、私は勝手に思っているが。
nike もその各キャラクタ―の違いを上手に引き出して
テニスウエア―をデザインしていたように思う。

その一人が、ウィルソン・プロスタッフを武器に、
サービス&ボレーでウィンブルドンを7回優勝。
テニスウェアーも正統派、いや、ある意味
保守的なデザインでした。

ボルグ選手の様に、内に秘めたる強さが武器となり
試合中も取り乱した場面の記憶が有りません。

二人目は、グランド・ストロークをガンガン
打ちまくり、相手選手を圧倒。
試合中も派手なアクション、奇声を上げたりして
観客を笑わせ、味方に付けてしまうユニークな存在。

テニス・ウェアーもキャラクターに合わせて
派手目のデザインでした。
ウィンブルドンは白基調のテニス・ウェアーを着用
しなければなりません。
センターコートに登場した時は、いつも派手なウェアー
を着用しているが、この時ばかりは白基調のウェアーで
登場、観客席からは拍手喝さいを受け話題になりました。

もちろんウィンブルドン・チャンピオンです。

ニューヨークのビル街の交差点へタクシーで乗り付けた
二人、バスを止め交通を遮断し、交差点真ん中にネットを
はりテニスをするTVコマーシャルが印象的でした。
nike が二人それぞれのキャラクターに合わせて
デザインをプロデュースし、見事に的中させました。

カッコ良かったなぁ〜
ピート・サンプラス選手、アンドレ・アガシ選手。

今でも大好きな、心のチャンピオン達。


天候が極端に・・・

近頃の天気ときたら、極端だねぇ!
昨日まで春らしい天気だと思ったら、一転して台風が
関東地方を直撃みたいな荒れ模様!!

そうなる前にと、午前中に買い物を済ませ、午後から
試作の仕込みに入る。
キッチンに立っていると、風の音に驚きです。
窓からは、庭の木樹が強風にじっと耐えているけど、
いつか枝が折れそう。
せっかく咲いた梅や桜の花は大丈夫かな??

換気扇の排出口へ風が当たり、キッチンの中もゴーゴー
と唸っているし、雲の流れも相当早い。
caffe macchinetta の周りには竹林が点在し、風の
煽りを受けて 45度くらいしなって傾いている。
おお〜スゴイなぁ、こんなの初めて見たよ。

日本海側はたくさんの雪が降りすぎるし、おまけに
地滑りまで起こし、さんざん・・・
東北地方太平洋沿岸から千葉県銚子沖まで、たび重なる余震。
異常気象と余震が、それは地球が人間に対して何らかの
警告を発しているのかもしれない。

そう思っているのは、僕だけかもしれないが。。。

人類が生活するために地球を傷つけ、エネルギーの
採掘でも地球を傷つけ、便利さを追求するあまり
地球をいじめ過ぎたのかもしれない。

荒れ模様の天気、この極端と言うか異変と言うか、
もっと地球をいたわりましょう。





PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM